SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「消費動向」に関する調査結果発表~プライベートブランド市場は成熟段階へ

 クロス・マーケティングは、全国20~69歳の男女を対象に「消費動向」に関する調査を実施した。当調査は現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動の観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得る目的で2009年2月より実施し、今回で14回目。

 消費動向の推移では、「プライベートブランド商品の購入頻度」が依然プラスではあるものの、調査開始以降最も低いスコアとなっており、プライベートブランド市場が成熟しつつあることがうかがえる。

 「たばこの本数」は、値上げした2010年10月に大幅に消費が減ったものの、その後は上昇傾向にある。

 飲食店関連では、「ファミリーレストラン」が前回調査から5ポイント上昇し、調査開始以降最も高い。

 遊園地やテーマパーク、映画館などの「レジャー施設の利用」は、震災後の影響により落ち込んでいた2011年4月から、全般的に上昇傾向にある。

【調査概要】
調査手法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~69歳の男女
調査期間:2012年10月16~17日
有効回答数:1,200サンプル

【関連記事】
ログリー、消費者の意思と広告枠の価値を評価して広告配信する「logly DSP」
誰が・何に・いくら支出したのかがわかる「コンテンツファン消費行動調査」
「マルチスクリーン」セグメントの消費者は最もエンゲージメントしやすい
広告信頼度調査で「アーンドメディア」がダントツ1位【ニールセン調査】
クックパッドとアイディーズ、検索・購買履歴データをマーケティング活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/09 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16732

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング