SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Gnipとホットリンク、ツイートデータ供給サービスの普及向上で提携

 世界最大手のソーシャルメディアデータ供給会社米Gnip(グニップ)社は、Twitterがサービスを開始した2006年からの全世界・全言語における全ツイートデータの再販権を取得している世界で唯一の企業。米国国立図書館へTwitterの全データを供給する契約を締結しており、米国のFortune 500社のリストの内90%の企業が、Gnip社が提供するソーシャルメディアデータを購入している。

 今回のホットリンクとの提携は、日本およびアジア市場の顧客に対するソリューション提供とともに、ツイートデータの利用促進を図るために行われるもの。現在、Twitterに投稿される全世界のツイートの約10%が日本語のツイート。英語圏に続いて企業のソーシャルデータ活用が進んでいる日本では、ツイートデータを網羅的かつ安定的に取得にしたいという企業からの要望が増加している。

 Gnip社は、ホットリンクに対し、全Twitterデータを取得できるTwitter firehoseの公式なデータアクセス権を提供。これによって、ホットリンクのソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」シリーズ、ソーシャルリスク・モニタリングツール「e-mining」は、公式に全世界の全ツイートデータを活用可能になる。

【関連記事】
ツイッター、プロモ商品で地域ターゲティングが可能に
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター
ホットリンク、「クチコミ@係長」のAPIを提供
ホットリンク、アジア太平洋地域のソーシャルメディア分析ツール&レポートを提供
「Social Insight」が複数SNSのクチコミ分析とニュース記事分析に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/14 14:00 https://markezine.jp/article/detail/16756

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング