SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷とサイバーエージェント、O2Oプロモーションシステム「ジェスチャーいいね!」提供開始

 凸版印刷とサイバーエージェントは、凸版印刷が開発した新しいO2Oプロモーションシステム「ジェスチャーいいね!」の提供を2012年12月中旬より開始する。

プロモーション概要

 「ジェスチャーいいね!」は、ある特定のジェスチャーをすると、Facebook上のイベントページに“いいね!”ができるO2Oプロモーションシステム。イベント参加者がカメラに向かって特定のジェスチャーをするだけで“いいね!”をカウントできる。

 イベント参加者がFacebookのイベントページから事前登録すると、受付番号が発行される。その後、イベント参加者の顔写真を撮影し、受付番号を紐付けて登録。イベント会場にてタブレット端末のカメラに向かって特定のジェスチャーをすると、タブレット端末に搭載された顔認証ならびにジェスチャー認証技術により、Facebookのイベントページに“いいね!”がカウントされる。また、特定のジェスチャーをした際、タブレットの画面上にブランドロゴなどあらかじめ設定したARコンテンツの表示も可能。さらにARコンテンツが表示された写真を撮影し、Facebookの個人ページに投稿することもできる。

 企業の販促活動や広告展開において、商業施設や店舗、イベントスペースなどの「リアルの場」と「ネットの場」をつなぎ、実際の行動が即座にソーシャルメディアに反映されるO2Oプロモーションを実現する。

【関連記事】
今年はFacebookと連携した「mixi Xmas 2012」、大丸・松坂屋とO2O施策も
12月上旬、ビジネスアカウント「LINE@」提供開始~O2Oマーケティングプラットフォームへ
ビックカメラと野村総研、O2O促進スマホクーポンアプリ試験配信スタート
三井住友カード、「スマポ」を活用したO2O実証実験
ヤフーとソフトバンクテレコム、O2Oサービス「ウルトラ集客」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/12/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/16897

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング