SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ゼンリンデータコム、中国現地企業と合弁会社設立~中国での位置情報関連サービス強化

 ゼンリンデータコムは、中国における合弁会社「北京掌行通信息技術有限公司」の設立を発表した。

 同社は海外事業展開の一環として、2011年4月より北京掌城科技有限公司と協業し、北京市内を対象とした歩行者ナビゲーション・乗換案内のサービスを提供している。

 今後大きく成長が見込まれる中国のモバイルサービス分野で、北京掌城科技有限公司などと協同で、アプリケーションの開発・提供など位置情報関連全般にわたる業務を担務し、中国全土の主要都市各地で利用できるトータルナビゲーション・LBSサービスの構築・提供を目指す。

【関連記事】
NRI、2017年度までのITロードマップ発表~位置情報サービスの進展がカギ
第11回モバイル広告大賞贈賞式開催 O2O、位置情報を絡めたサービスが多数ランクイン
2015年、モバイルワーカー人口は13億人以上に Googleの位置情報サービスをビジネスへ
アジア太平洋地域、スマートフォン人口が急増 位置情報サービスが今後のカギ
シンクエージェントとゼンリンデータコム、位置情報を活用したレポートサービスを共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング