SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、「GyaO!」において第三者配信サーバーを用いたリッチ広告掲載スタート

 ヤフーとGyaO、MediaMind Technologiesは、2012年10月31日に発表した業務提携に基づきMediaMindの第三者配信サーバーを用いたリッチ広告の掲載を、本日1月28日より無料映像配信サイト「GyaO!」において開始した。

ソフトバンクモバイル株式会社の事例

 当業務提携は、ブランディングを目的としたインターネット広告のニーズに応えるため、リッチなクリエイティブ表現が可能なディスプレイ広告およびビデオ広告の推進、およびデータテクノロジーを用いたソリューションの強化が目的であった。

 今回、「GyaO!」で掲載されるMediaMindの第三者配信サーバーを用いたリッチ広告では、MediaMindが持つDwellという指標を用いて効果測定を行う。Dwellとは、ユーザーの自発的な広告接触率や同時間などの広告への関与度を測定し、エンゲージメントを可視化するための指標である。

 MediaMindがMicrosoft社、ComScore社と行ったリサーチ結果では、Dwellの測定数値が高い広告は測定数値が低い広告に比べて「ブランドキーワードの検索率」が約3倍、「サイト訪問率」が約1.68倍と高い効果が得られた。

 また、2012年12月7~9日において、「GyaO!」で行ったライブテストでは、これまでの広告に比べてリッチ広告のDwell時間が220%向上する結果となり、「エンゲージメント効果」の高い広告として検索行動やサイト利用に影響することを示した。

【関連記事】
ヤフー、「MediaMind」をYahoo! JAPANの認定第三者配信アドサーバーとして採用
オプト、「ADPLANワンタグ」とCRITEOのパフォーマンスディスプレイ広告連携開始
ヤフーが有料ニュースを配信、第一弾は朝日新聞
ヤフー、新サービス「textream」公開
ヤフー、金融を新しい事業の柱へ サイバーFXの取引ツールでスマホ利用者拡大をねらう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/12/06 16:23 https://markezine.jp/article/detail/17123

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング