MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ブレインパッド、ポジ/ネガなど固定評価軸ではない分析が可能なソーシャルリスニングサービス「Crimson Hexagon ForSight Platform」提供開始

2013/02/27 12:15

 「Crimson Hexagon ForSight Platform」は、Twitter、Facebook、掲示板、ブログなどのソーシャルメディアデータから、ブランドや商品に対する世界中の顧客エンゲージメントを分析することができる。

 従来行われてきた「ポジティブ(好意的)/ネガティブ(否定的)」といった固定化された評価軸ではなく、担当者が知りたい要素やアクションにつながる区分などを任意に設定して分析可能。たとえば「顧客が他ブランドにスイッチした理由」といった疑問について、過去から現在までの任意の時間軸で分析することもできる。

 同一プラットフォーム上で多言語での分析が可能であり、米Twitter本社の分析プラットフォームとして採用されるなど、世界100以上の企業やブランドへの導入実績がある。

【関連記事】
NI+C、最大800万件のテキストデータ分析が可能な月額サービス
ALBERT、大量データを自動解析する「smarticA!データマイニングエンジン」をリリース
ビデオリサーチ、TVデータ放送の測定・解析・コンテンツ開発の支援サービス
Facebook、コンバージョン測定機能とCPM最適化機能をローンチ
ブレインパッド、自然言語処理エンジン「Semantic Finder」提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5