MarkeZine(マーケジン)

記事種別

廣済堂ら、医療従事者に限定したデジタルサイネージ事業を展開

2013/03/08 16:15

 廣済堂は、医療コンサルティング分野での経験をもつ医療情報基盤に出資し、新たに医療向けのデジタルサイネージ事業のサービスを開始する。

 医療情報基盤は院内の情報共有のツールとしてデジタルサイネージに着目。最小限のコスト負担で共有・伝達すべき情報の発信が可能となり、多忙な医療従事者が業務のスキマ時間で情報に接触することができる。また、医療従事者に情報を発信したい企業には新たな広告媒体として利用することも可能となっている。

【関連記事】
病院での平均待ち時間は40分、待合室のデジタルサイネージにおける広告効果とは?
日本医療データセンター、報道関係者向けに医療統計データの無償提供
厚生労働省、「医療機関ホームページガイドライン」発表
医療系のネット広告・プロモーションを対象にした「eコミュニケーション大賞」 
NEC、金融機関のデジタルサイネージへ配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5