SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

低価格・小型のタブレットが市場を牽引、アップル、グーグル、マイクロソフトの戦略に明暗【IDC調査】

 IDCの予測によると、タブレットの出荷は、2013~2016年の間に平均11%増加。タブレットの出荷は少なくとも2017年の終わりまでに3億5000万台に達する。今四半期に出荷されたタブレットの2台に1台は、スクリーンサイズが8インチ以下のもの。この小型のタブレットが2013年以降も伸び続けると見られる。

 OSシェアでは、Andoroidは2012年の41.5%を上回り、2013年に48.8%に達する一方、アップルのiOSは51%から46%に落ち込むと予測している。

2013年~2017年 タブレットOS、市場シェア予測
2012~2017年 タブレットOS、市場シェア予測

 また、上のグラフでも明らかなように、今後iOSとAndroidは、Windows ベースのタブレットにシェアを明け渡すことになる。Windows 8のシェアは2012年の1%から2017年に7.4%に増加する見込みだが、Windows RTは3%弱にとどまる。これについて同調査では、マイクロソフトがWindows 8とWindows RTという2つの異なるタブレットOSを出したことが裏目に出たと分析。今後はWindows 8の改善に注力する必要があると指摘している。

 また、低価格のタブレットは電子書籍リーダーに打撃を与えており、2011年の出荷数2640万台がピークだったとしている。

【関連記事】
ウェブサイトのトラフィック、タブレット経由がスマートフォンを抜く
タブレット広告のパフォーマンス特性はPC広告よりも有利
2012年度国内タブレット出荷台数、前年度比60.2%増
新しいiPadは、ディスプレイの美しさが違う
Kindleストア、電子書籍市場を牽引~初登場で首位40%シェア獲得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/28 17:55 https://markezine.jp/article/detail/17396

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング