MarkeZine(マーケジン)

記事種別

低価格・小型のタブレットが市場を牽引、アップル、グーグル、マイクロソフトの戦略に明暗【IDC調査】

2013/03/13 13:30

 IDCの予測によると、タブレットの出荷は、2013~2016年の間に平均11%増加。タブレットの出荷は少なくとも2017年の終わりまでに3億5000万台に達する。今四半期に出荷されたタブレットの2台に1台は、スクリーンサイズが8インチ以下のもの。この小型のタブレットが2013年以降も伸び続けると見られる。

 OSシェアでは、Andoroidは2012年の41.5%を上回り、2013年に48.8%に達する一方、アップルのiOSは51%から46%に落ち込むと予測している。

2013年~2017年 タブレットOS、市場シェア予測
2012~2017年 タブレットOS、市場シェア予測

 また、上のグラフでも明らかなように、今後iOSとAndroidは、Windows ベースのタブレットにシェアを明け渡すことになる。Windows 8のシェアは2012年の1%から2017年に7.4%に増加する見込みだが、Windows RTは3%弱にとどまる。これについて同調査では、マイクロソフトがWindows 8とWindows RTという2つの異なるタブレットOSを出したことが裏目に出たと分析。今後はWindows 8の改善に注力する必要があると指摘している。

 また、低価格のタブレットは電子書籍リーダーに打撃を与えており、2011年の出荷数2640万台がピークだったとしている。

【関連記事】
ウェブサイトのトラフィック、タブレット経由がスマートフォンを抜く
タブレット広告のパフォーマンス特性はPC広告よりも有利
2012年度国内タブレット出荷台数、前年度比60.2%増
新しいiPadは、ディスプレイの美しさが違う
Kindleストア、電子書籍市場を牽引~初登場で首位40%シェア獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5