SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディアファクトリー、「ラノベくじ」を販売

 メディアファクトリーは、7月20日から景品くじ「くじ引き堂 ラノベくじ」を展開。価格は500円で、全国書店・一部コンビニエンスストア・アニメ専門店・ホビーショップなどで販売する。第1弾の「ラノベくじ」では、角川グループのライトノベル4レーベルから1タイトルずつをピックアップしてひとつの商品にまとめたミックスくじ。

 第1弾の「ラノベくじ」に登場するのは、「涼宮ハルヒの憂鬱」「生徒会の一存」「バカとテストと召喚獣」「僕は友達が少ない」の4タイトル。原作小説のイラストを多数使用したタペストリーやクリアファイル、ブックカバーなどが当たる。各賞ごとに4タイトルすべての景品を設定し、くじを引いた人は好きなタイトルの景品を選ぶことができる仕様になっている。

 角川グループパブリッシングは、メディアファクトリーが7月20日から展開する景品くじ「くじ引き堂」の書店ルートでの販売を行う。書店とのパイプを持つ角川グループパブリッシングが商品の販売を担うことで、売場での連動およびライトノベル読者の囲い込みを狙う。

【関連記事】
ドワンゴと角川グループの合弁会社「スマイルエッジ」が広告サービスを開始
エイベックス、ドワンゴ株の一部を角川と日テレへ譲渡
ローソン、くじ付「からあげクン」発売
ヤフー、個人発の電子書籍の制作・発行を開始
楽天市場、LINE公式アカウントを開設、100円クーポンを25万名プレゼント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/22 12:00 https://markezine.jp/article/detail/17471

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング