SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、英国イージス社の買収完了、110か国に展開するグローバル・コミュニケーション・グループへ

 今回の英イージス社の買収総額は、約31億6400万ポンド(約4090億円)。これに伴い、イージス社は非上場会社となり、電通の100%子会社となる。イージス社を迎え入れた新しい電通グループは、全世界で約36,000名の従業員を擁し、110カ国・地域(300拠点以上)で事業を展開するグローバル・コミュニケーション・グループとして新しい事業統括体制を発表した。

 電通はイージス社を統合し、ロンドンに本拠地を置くイージス社を改称。新たに海外本社となる「電通イージス・ネットワーク社(Dentsu Aegis Network Ltd.)」を発足させ、新しい電通グループの海外事業運営を統括する。

 イージス社傘下の「イージス・メディア社(Aegis Media Limited)」は、、会社形態をとらない、イージス全体のグローバル事業を統括する組織「イージス・メディア(Aegis Media)」として位置づけられ、電通の海外事業統括組織「電通ネットワーク(Dentsu Network)」と、変更後の「イージス・メディア」を、「電通イージス・ネットワーク社」の管轄下に置く。また、「電通ネットワーク」と「イージス・メディア」は、共通の「電通イージス・ネットワーク社」の経営陣および取締役会のもと事業運営を行う。

【関連記事】
電通、英国の広告代理店イージス・グループ買収
電通、米独立系PR会社「ミッチェル・コミュニケーション・グループ」買収
電通、海外事業統括組織「電通ネットワーク」を立ち上げ
Fringe81、WPP傘下のデジタルエージェンシー「VML TOKYO」の戦略パートナーに
電通、インドのクリエーティブ・エージェンシー「タプルート社」の株式51%取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/03/27 12:10 https://markezine.jp/article/detail/17502

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング