SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ママの約9割「スマホは家事や育児に役立つアイテム」【家事や育児におけるスマホ活用の実態調査】

 サイバーエージェントは、同社が運営する「Ameba」で提供する「毎日フリマ」において、20~30代の子どもを持つ既婚女性に「スマートフォン利用」に関する意識・実態調査を行った。

 「スマートフォンを利用するようになってから、家事や育児における行動で変化したことはありますか?」と質問したところ、実に77%が「ある」と回答。

 具体的な変化としては、「料理のレシピをスマートフォンで検索し、それを見ながら料理をするようになった」「子どもがぐずったときに動画をみせて泣き止ませたり、子どものひらがなの練習に利用したりするようになった」などの回答があった。

 さらに、「スマートフォンは、家事や育児に役立つアイテムだと思いますか?」という質問には、89%と9割近くが「そう思う」と回答。

 また、料理方法の検索やスマートフォンでの買い物など「家事」にスマホを活用している割合は、全体の82%という結果に。また、泣きやませ、知育アプリの利用など「育児」で活用している割合も、54%と半数を超えた。

 さらに、節約レシピの検索、ポイントアプリでのお小遣い稼ぎなど、「家計のやりくり」にスマートフォンを活用している人も、31%と約3人に1人となり、「今後活用したい」という回答(46%)を含めると、8割近くにのぼった。スマホを使って「家計のやりくり」をする人は、今後ますます増えていくと予想される。

 ちなみに、すでにスマホで「家計のやりくり」を実践中のママたちに、具体的な手段を聞いたところ、「ポイントアプリでポイントを貯めて、ギフト券に換えている」「オークションサイトのアプリで使わなくなったものを売っている」などの回答が多くあがった。

【調査概要】
調査期間:2013年3月13~15日
調査方法:インターネット調査 
調査対象:20~30代の子どもを持つ既婚女性(スマートフォンユーザーの方)
調査人数:500名

【関連記事】
サイバーエージェント「毎日フリマ」、流通総額3億円突破
行政サービスの情報発信ツール「ママフレ」 オプト、コンテンツパートナー企業の募集開始
ワークスタイル別、母親の消費動向発表【博報堂こそだて家族研究所調査】
小学館「小学館女性インサイト研究所」設立
楽天と東芝、基礎体温をもとに「キレイ」になれる情報を提供「楽天キレイ℃ナビ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/09 12:00 https://markezine.jp/article/detail/17580

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング