MarkeZine(マーケジン)

記事種別

DAC、スマホ特化型eコマースプラットフォーム「Origami」へ出資

2013/04/24 12:00

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、スマートフォン特化型の次世代eコマースプラットフォームを運営するOrigamiへ出資したことを発表した。

 スマートフォンの普及によって急成長をしているモバイル経由eコマース市場は、2012年現在で約2兆1,000億円、2017年には約5兆円まで拡大し、eコマース市場全体の約3割を占めると推測されている。また、ソーシャルグラフ等を活用した新しいモデルのeコマースサービスも次々と現れはじめている。

 このような環境の下、DACは、スマートフォン特化型かつソーシャル、ロケーションデータとの連動性を持つeコマースプラットフォーム「Origami」に注目し、今回の出資に至った。

 「Origami」上で、ユーザーは好きなショップ・ブランド・他ユーザーをフォローし、つながることができる。それにより、従来の商品サーチだけではなく、ユーザの興味・現在地・フォロー情報をもとにカスタマイズされた情報をタイムリーに得ることができ、好きな商品をより早く、簡単に見つけることができる。気に入った商品はスマートフォンからワンクリックで購入でき、シェア機能によってユーザー間で共有できる。

 一方、ショップ・ブランドはWEBページ上の簡単な登録でショップページを開設でき、ロケーションデータとの連携により、近くにいるユーザーを実店舗に誘導することも可能。さらに、「Origami」上での自社のフォロワーや購入者が分かるため、新しいマーケティングツールとしても利用できる。

 今後、DACは「Origami」上で展開予定の広告やデータマーケティング事業における協業、DAC及びDACグループが保有するテクノロジーやソリューション、コンサルティング等のリソース提供による事業拡大支援を行っていく。

【関連記事】
DeNA、EC事業者向けにYahoo!ショッピングとの「同時出店サービスプラン」
スマホ対応のECサイト、1年間で約2割増加【EC100サイトスマホ対応状況調査】
拡大する国内ファッション・インテリア・雑貨EC市場、2012年度は7,020億円の見込み
複数ECサイトをまたいだターゲットサンプリングサービス「BUYNDER(バインダー)」
米国EC市場、12四半期連続で売上成長 消費者の37%「ショールーミングしている」と回答

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5