MarkeZine(マーケジン)

記事種別

三越伊勢丹とオイシックスが宅配事業を連携

2013/05/14 18:10

 三越伊勢丹ホールディングスは、百貨店の優良顧客を抱えることを強みとし、グループ顧客との接点拡大の一環として、食品宅配事業を推進している。一方のオイシックスは、食品宅配で収益を出せる仕組み(物流、システム、商品など)をもち、成長スピードの加速を目指している。

 今回、宅配事業での提携を行うことで、三越伊勢丹フードサービスは、オイシックスの宅配システムや物流センターの活用に加え、オイシックス独自の開発商品などの導入を通じ、会員制食品宅配サービス「三越伊勢丹エムアイデリ」の事業拡大を目指す。オイシックスは物流センターの受託による売上、利益の確保や、商品の共通化による流通総額の拡大により成長スピードを加速させる。 両者の取組みは今年10月ごろからスタートする。

【関連記事】
リクルートとオイシックス、食品ネット通販で新会社設立
ドコモ、食品販売事業へ向けて「らでぃっしゅぼーや」株式を公開買付け
NTTドコモなど、タブレットを活用した料理スタイルの共同実験実施
三越伊勢丹とイード、百貨店のWebメディアを展開
タニタ食堂、特製ランチボックスを三越銀座店で先行発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5