SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ミクシィ笠原氏、代表取締役を辞任へ、経営陣の若返り図る

 ミクシィは5月15日の取締役会で、代表取締役の異動について内定。代表取締役社長の笠原健治氏が、6月25日開催予定の定時株主総会終結時に、代表取締役の任期満了を迎えるにあたり、代表取締役の職を辞することになった。

 笠原氏は、1999年の会社設立以来「Find Job !」「mixi」を始めとした複数のサービスを立ち上げた。今後は、新規事業を生み出すことに専念するとともに、取締役会長として意思決定に携わる。

 新任代表取締役候補は、朝倉祐介氏。スタートアップ企業の経営者を経て、ミクシィに参画後、2012年7月に執行役員経営企画室長に就任。事業開発・経営戦略の策定を担当するとともに、ユーザーファーストの推進やユニット制の導入等を主導してきた。

 今回の異動については、スマートフォンへの急激なシフト、オンラインでのコミュニケーション手段の多様化などの変化に対応するため、経営トップの若返りを図るねらいがある。

 笠原氏は、「朝倉は、大手コンサルティングファームとネットベンチャーの社長という 2 つの経験の持ち主。30歳と非常に若いのも魅力的。そんな彼に代表を託したい」とコメント。「私自身は、過去に4つのサービスを立ち上げてきた経験から、取締役会長として、新経営体制を最大限サポートしつつ、インパクトを持つ新しいサービスを生み出していきたい」としている。

【関連記事】
ミクシィ笠原氏、「ユーザーファースト」をキーワードに今後の方針を発表
ヤフーが新執行体制を発表、若返りを図る
リクルート、主要事業を会社分割し新体制へ
ミクシィ、オンライン広告取引プラットフォーム(DSP)「Vantage」をスマホ向けに提供
アドテック東京でヤフー宮坂氏が初講演、“爆速”経営について語る
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/15 18:52 https://markezine.jp/article/detail/17770

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング