SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

より早く、柔軟な開発を! NTTデータ、ヤフーら4社、アジャイル開発を推進する企業間アライアンス

 agileとは「敏捷な、すばしっこい」という意味。アジャイル開発は、ソフトウエアやコンピューターシステムの開発手法のひとつで、その名の通り、迅速かつ柔軟に開発を行うことを目的とした軽量な開発手法群を指す。その中には、エクストリーム・プログラミング(XP)やスクラム(Scrum)などが含まれる。

 アジャイル開発はこれまで欧米を中心に普及してきたが、日本国内でも、インターネットサービス分野やゲーム開発分野などを中心に多くの開発事例が見られるようになってきた。このような状況をふまえて、NTTデータ、バンダイナムコスタジオ、NECビッグローブ、ヤフーの4社は今回、アジャイル開発の組織導入のノウハウを共有することを目的に、企業間アライアンス「日本エンタープライズ・アジャイル・トランスフォーメーション」を設立。

 ベストプラクティスの共有によって、適切な開発方法の選択と利用によって開発の効率化を促すとともに、アジャイル開発人材の共同育成、アジャイル開発に適した開発体制・組織体制の探求、共同イベントの開催などを行う。

【関連記事】
第12回モバイル広告大賞、グランプリは目標売上5倍達成を実現したピザ注文アプリ
IBM、ソフトウェア・デリバリー自動化のUrbanCodeを買収
サイバーエージェント、スマホ向け広告商品開発を強化、半年で100商品を開発
コラボツール「codebreak;」で、無料・無制限のプライベートリポジトリ
ギブリー、アプリを開発しながらプログラミングを学ぶ学習サービス「CodePrep」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/05 10:30 https://markezine.jp/article/detail/17897

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング