SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年キャラクター商品小売市場規模1兆5,340億円、昨対比4.5%減

 キャラクター・データバンクは、2012年のキャラクター商品小売市場を1兆5,340億円(昨対比4.5%減)と発表した。

 キャラクター商品の小売市場は1990年代に右肩上がりで成長。2000年以降は景気低迷、メディア環境の変化、少子高齢化等々の要因により、微減傾向で推移してきた。2009年、2010年はテレビ連動型キャラクターや多様化する生活者の嗜好性に対応したキャラクターが好調に推移し、2年連続で成長。2011年は大幅な市場縮小が予想されるなか微減に留まった。

 2012年のキャラクター小売市場は、定番キャラクターの強さが目立ったものの、未就学児などキッズ層での購入金額シェアが縮小。一方で、20代、30代はシェアが拡大し、ゆるキャラやスマートフォン向けアプリから生まれたキャラクターなど、さまざまなキャラクターが市場を賑わせた。

 また大型複合施設が相次いでオープンしたことで、販売チャネルが多様化した。そんな中、ハイターゲット層が主な利用者だった通信販売のシェアが伸長し、親子層の利用が増加するという変化も見られた。

 キャラクター商品小売市場ランキングの1位は「アンパンマン」、2位「ミッキーマウス」、3位「ポケットモンスター」であった。「アンパンマン」は4年連続のトップを獲得。そのほか、「おさわり探偵なめこ栽培キット」など、新たなキャラクターの台頭も目立った。

【関連記事】
最もリツイートされたのは「くまモン」【ご当地キャラクターのSNS利用状況調査】
10~12歳のパソコン使用率は約7割に【キャラクターと子供マーケット調査】
NHN Japan、LINEスタンプキャラクター新展開発表「目的は収益よりもロイヤルティ醸成」
GyaOとグリー、アニメコンテンツ投資ファンド「アニマティック」設立
日本のマンガ・アニメ人気、アジア10都市で定着か【博報堂調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/17928

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング