SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

cciとDennoo、ディスプレイ動画広告「Display Cost per View」リリース

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、cci)とDennoo Inc.は、ディスプレイ広告領域において広告表示時間を計測し、一定秒数以上の表示を販売対象とするディスプレイ動画広告商品「Display Cost-per-View(以下、Display CPV」をリリースした。

 Display CPVは、動画広告がユーザーの画面上に視認性のある状態(Viewable)で表示されている時間(Viewable Time)を計測し、Viewable Timeが一定秒数を超えた時にこれを「広告視聴(View)」と数えるもの。一回のViewに対して広告料金が発生する(Cost-per-View)。

 具体的には、広告枠の50%以上が表示され、一定秒数以上が表示された場合にのみ広告料金が発生し、広告主は広告のメッセージがユーザーに十分に伝わることが期待される広告に予算を集中させることができる。

 また、Display CPVでは、「リーチ」「フリクエンシー」の定義もViewに基づくものになるため、「より多くのユーザーに動画広告を十分な秒数表示し、メッセージを伝達することによって認知向上や態度変容を誘発する」という「ブランディング」や「マス・マーケティング」に類する目標をディスプレイ広告において達成しやすくすることも目的としている。

 一方、媒体社にとっては、クリックやコンバージョンが広告価値の主たる根拠とされてきた昨今の「ダイレクト・レスポンス」の潮流とは異なる基準で媒体が評価される契機に。優良なコンテンツを制作し、ユーザーの長い滞在を誘発することでViewable Timeを延ばし、View数を増やすことで、「マス・マーケティング型」のキャンペーンを引きこみ、新たな収益源の開拓が望める。

 今回の新商品の対象となるディスプレイ広告はcciの主力プレミアムアドネットワークである「ADJUST」での配信を予定。また、単体媒体での商品開発も積極的に進めていく。

【関連記事】
バナー広告をクリックすると音声が聴ける!GDNで始まったラジオ番組プロモーション
RTBが米国オンライン広告を牽引、RTB経由のディスプレイ広告費は73%成長
ディスプレイ広告の運用からタグ・データフィードの導入支援まで提供「OMATOME」
Yahoo! JAPAN、広告ソリューション刷新~Yahoo!ディスプレイアドネットワーク新設
アイオイクス「ADLPO」リリース~ディスプレイ広告とLPを一気通貫最適化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/06/21 13:30 https://markezine.jp/article/detail/18019

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング