SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スタートトゥデイがブラケットを子会社化、「STORES.jp」をZOZOTOWNに続く第二のECプラットフォームへ

 ブラケットが運営する「STORES.jp」は「誰でも簡単に数分でオンラインストアが作れる」をコンセプトに、2012年9月にサービスを開始。現在までに約 4 万店のオンラインストアが開設されており、今年度中には開設ストア数が10万店を超えることが予想される。

 STORES.jpでは開設されているストアの約70%がアパレルカテゴリー関連であること、出店ストアからの販売支援サービスや物流サービスへの需要が高まっていることから、今回の資本提携に至った。

 今回の提携によって、STORES.jp上でストアを開設しているファッションブランドがZOZOTOWNへの出店を希望する場合、逆にすでにZOZOTOWNに出店しているブランドが自社オンラインストアをSTORES.jp上で開設希望する場合、いずれの場合でも商品情報・在庫情報を連携した上で、それぞれのサイトに簡単に出店ができるようになる。また、両サイト間での在庫情報の連携により、それぞれのサイトでの在庫ロスによる機会損失を最小限に抑えることも可能だ。

 さらに、ZOZOTOWNおよびSTORES.jpでストアを開設しているファッションブランドやショップは、スタートトゥデイが今後ローンチを予定している新サービス「WEAR(ウェア)」との情報連携も行える。

【関連記事】
無料ネットショップ作成サービス「BASE」、取扱商品総額1億円を突破
ZOZOTOWN、店舗スタッフによる最新コーディネート提案
ネットショップ構築サービス「MakeShop」、2012年の年間流通総額が982億円に
スマホ対応のECサイト、1年間で約2割増加
拡大する国内ファッション・インテリア・雑貨EC市場、2012年度は7,020億円の見込み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/18 13:15 https://markezine.jp/article/detail/18156

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング