SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三井住友カード、ビックカメラや大丸東京店等で「スマポ」活用O2Oキャンペーン開始

 三井住友カードとスポットライトは、8月21日より、両社の加盟店へ向けて「スマポ」を活用した来店・購買促進キャンペーンを開始した。

 スポットライトが提供する「スマポ」は、お店に行くだけでポイントが貯まるポイントサービス。アパレル、アクセサリーから家電量販店まで、このアプリ一つで様々な店舗に対応しており、貯まったポイントは商品券やハウスポイントなど様々な特典へと交換できる。

 両社は、O2O市場におけるビジネス拡大を目的として、昨年から協業を実施。2012年11月1日より開始された実証実験では、「スマポ」および三井住友カードの加盟店であるビックカメラ16店舗に対して送客および購買の効果検証を行った。その結果、キャンペーンへの参加を通じて送客したユーザーの購買率と単価のどちらについても、想定を超える効果が認められた。

 今回のキャンペーンでは、対象店舗をビックカメラ、大丸東京店、さくら野百貨店など10社73店舗に拡大。キャンペーン期間中「スマポ」で来店したうえで、三井住友カード発行のクレジットカードで決済すると、通常の来店ポイントに加え1,000スマポポイントが1,000名様に当たるキャンペーンを始めた。

【関連記事】
電通とスポットライト、業務提携~「スマポ」をベースにCRMと購買行動履歴を一元化
ビックカメラと野村総研、O2O促進スマホクーポンアプリ試験配信スタート
共通ポイントサービス「Tポイント」提携店舗6万店突破
Pontaポイントがたまる!ゲーミフィケーション型O2Oアプリ「Pontaタイム」リリース
月1回以上コンビニ利用者の7割超がポイントカードを所有

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/08/22 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18339

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング