SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂ら、ビッグデータを安価で手軽に分析・可視化できるクラウド型データ分析ツール「ハッケン」

 「HAKQEN」は、クリックテック・ジャパンが提供するBIプラットフォーム「QlikView」をクラウド化しており、博報堂グループとアイウェイズ社が提供することにより、システム提供だけでなくデータの運用や課題発見のための分析、実際のアクションプランにまでつなげることが容易になった。

 このプログラムは、プロモーション領域のノウハウが詰まった、PDCAを促進するさまざまな分析テンプレートを50個以上用意し、そのテンプレートをクライアント企業が選択することで短期間・低コストでのデータ分析を実現。中でも、流通・小売業や飲食業など顧客カード・ポイントカードを保有する企業や、通販業や保険業など顧客ひとりひとりの販売データを保有する企業においては、より深度のある分析が可能になる。初期費用50万円、月額費用は20万円からと比較的安価な設定で、導入しやすくなっている。

※編集部注:「初期費用50万円」の記述を追加しました。(2013.9.2)

【関連記事】
ホットリンク、金融ビッグデータのリアルタイム可視化・変動リスク予測ツールをリリース
テラデータ、ビッグデータ分析を試せる無償ソフトとトレーニングを提供
フリービット、クラウドとビッグデータを活用したDSPをフルスピードと共同開発
電通、カタリナとビッグデータ活用マーケティング・スキーム共同開発
日経BP社、ビッグデータ活用による日本の製造業の増益効果を最大2兆円と予測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/02 18:46 https://markezine.jp/article/detail/18401

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング