SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本雑誌協会ら、「雑誌広告効果測定調査」を実施

 10月に行われる第1回調査では、「週刊文春」(文藝春秋)、「an・an」(マガジンハウス)、「VoCE」(講談社)、「日経ビジネス」(日経BP)を含む19社33誌を対象に、ネットリサーチモニターから抽出した各雑誌の読者に対して、掲載広告への接触の有無、広告接触後の心理変容・レスポンス行動などを測定することで効果を明らかにするとともに、蓄積データによる雑誌広告効果の基準値を整備する。調査結果の概要は調査レポート等で公開するほか、詳細データはビデオリサーチより有償提供する。

 今後は本調査を年1回定期的に実施し「効果検証」を支援することで、雑誌広告の信頼性や価値の向上を図り、データに基づくプランニングや取引の活性化貢献を目指す。

 【調査概要】
2013年度対象誌:9社 33誌 (2013年 10月売り号) 
2013年度調査時期:2013年 10月~11月
調査エリア:ビデオリサーチ『MAGASCENE』に準ずる全国主要 7地区(16都道府県)
調査対象者:調査エリアに居住する15歳~69歳の男女個人に対し、インターネット調査にて対象誌の閲読経験を確認し、調査を依頼
目標有効標本数:1誌あたり 150サンプル。『MAGASCENE』データにおける対象誌閲読者の性年齢構成で割付
調査方法:調査対象号の発売日に雑誌を郵送し、一定の閲読期間後にインターネット調査を実施。広告素材は、雑誌を手元に用意して再認させる。
調査広告素材・1誌につき最大20素材(表2・目次対向・センター・表3・表4は必須選定、その他は、掲載ポジション・掲載ページ数・広告種類・広告商品ジャンルについてその雑誌の実態を加味してビデオリサーチが選定)
調査項目:
・ 広告接触率、注目率、精読率
・ 興味関心、購入・利用意向
・ 理解度、信頼度、好感度
・ 広告感想
・ 心理変容、レスポンス行動
実査機関:株式会社ビデオリサーチ

【結果リリース】
2014 年 2 月予定 

【関連記事】
若者のテレビや雑誌離れの実態が明らかに
キュレーションマガジン「Antenna」、150メディアからオリジナル電子雑誌を作成可能に
ツタヤ、2011年の書籍・雑誌販売額1000億円突破
新聞と雑誌に“実力以上の”広告費を投下していないか?
2014年世界の広告費、ワールドカップ/冬季オリンピック等の効果で4.5%増予測

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/17 12:45 https://markezine.jp/article/detail/18480

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング