SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版、Category Sponsored広告スタート

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、cci)は、ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパンが展開するニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版初となる「Category Sponsored」の提供を開始した。

 cciは、「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版におけるマーケティングパートナーシップを締結し、同サイト上に掲載される広告の独占販売と商品開発を行っている。「Category Sponsored」とは特定のテーマに沿ってカテゴリーを設置し、記事と広告が一体となったコンテンツを作成する取り組みのこと。

「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版における「VISION2020」のCategory Sponsoredページ

 今回、「ザ・ハフィントン・ポスト」日本版では「Category Sponsored」の第一弾として、ボルボ・カー・ジャパンの協力のもと、「VISION2020-ヒトとクルマの安全な社会の実現に向けて」をテーマとしたカテゴリーを展開していく。

 同カテゴリーでは、ヒトとクルマの安全な社会の実現に向けて、「ザ・ハフィントン・ポスト」編集部がテーマに沿った記事を編集する。また、ボルボ・カー・ジャパンの安全性セーフティへの取り組みや先進のテクノロジーを紹介し、ユーザーへ広く伝えていく。

【関連記事】
cci、ハフィントン・ポスト日本版の広告を独占販売
ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン設立~日本語版は5月7日スタート
cci、ソーシャルマガジン「Flipboard」日本版へコンテンツ提供開始
cciとDennoo、ディスプレイ動画広告「Display Cost per View」リリース
cciとDAC、DDAI設立~ユーザーの閲覧履歴データの透明性確保が目的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/18 10:30 https://markezine.jp/article/detail/18487

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング