SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

mixi、コミュニティの一部の情報をネット検索の対象に

 mixiの270万を超えるコミュニティでは、共通の趣味を持つ仲間が、情報交換やコミュニケーションを行なっている。ミクシィは11月中旬より、「mixiコミュニティ」の一部の情報をインターネット検索の対象にすると発表。

 一部のコミュニティを対象に、コミュニティの一部の情報(コミュニティ名、コミュニティの説明、コミュニティ画像、トピックタイトル等)をインターネット検索の対象する設定が可能になる。「参加条件と公開レベル」が「だれでも参加できる(公開)」または「管理人の承認が必要(公開)」となっているコミュニティが検索対象で、非公開コミュニティは検索の対象外となる。設定は、コミュニティの管理人が行うことができる。

 今回の検討にあたり、コミュニティ管理人を対象にアンケート調査を実施。その結果、コミュニティ管理上の課題を持つ人の7割以上が、「参加者が増えない」「投稿・閲覧数の伸び悩み」などの課題を抱えていることがわかった。また、コミュニティの参加者からも、共通の趣味の仲間や自分に合うコミュニティを探したいという要望があった。

【関連記事】
ミクシィ、ネット広告事業を提供する「ミクシィマーケティング」設立
ミクシィ、スマホで撮った写真を毎月無料でフォトブックにできる「ノハナ」
子どものいる家庭が参加している「地域コミュニティ」は?
旅行ガイドブック『ことりっぷ』のコミュニティサイトオープン、女子旅を提案
「LINE PLAY」世界1,000万ユーザー突破~世界最大級のアバターコミュニティへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/10 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18639

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング