SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ポイントを意識して購入する商品は?トップ3は家電/食品/飲料

 大日本印刷は、ポイントサービスが生活者の買い物に与える影響などについて「買い物におけるポイント利用状況調査」を実施した。

 ネットショッピングが浸透し、SNSなどの販促コミュニケーションが多様化するなか、ポイントサービスを行う企業は、ポイントを単なる値引きとしてではなく、顧客とのつながりと考え、ポイントサービスの意義を捉え直す必要が出てきている。

 ポイントを意識して購入する割合の高い商品は、「家電製品」(78.4%)、「食料品」(60.4%)、「飲料」(53.7%)と続き、家電製品や食料品から、レジャー・外食など多くの商品カテゴリーでポイントを意識して買い物をしていることがわかった。

 また、買い物が好きと回答した女性はポイントサービスを積極的に利用していることも明らかに。今回、「計画ショッパー」と「気分ショッパー」の2つの買い物行動タイプに注目し、ポイントサービスへの意識の違いを比較した。

 「計画ショッパー」とは、買い物が好きで、あらかじめ買うものを決めてから買い物をする女性。「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」の利用が高く、ポイントを支払いの一部と捉えている。「気分ショッパー」は、買い物が好きで、その時の気分で買い物をする女性。「WAONポイント」や「マツキヨポイント」など、スーパーやドラッグストアなどの普段行く店のポイントを利用しており、ポイントを買い物の楽しみと捉えている。

【関連記事】
凸版とCCC、「Tポイント×Shufoo!」アプリ上で「電子DMお届けサービス」スタート
Tポイント、4都市でリアルポイントショップ期間限定オープン
共通ポイントサービス「Tポイント」提携店舗6万店突破
Pontaポイントがたまる!ゲーミフィケーション型O2Oアプリ「Pontaタイム」リリース
月1回以上コンビニ利用者の7割超がポイントカードを所有

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/11 13:15 https://markezine.jp/article/detail/18806

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング