SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SPARKx日本KFCが仕掛ける循環型O2Oキャンペーンスタート

 SPARKは、同社のコンサルティング案件第1弾として、日本ケンタッキー・フライド・チキン(以下、日本KFC)が展開する『自分も美味しい、みんなも美味しい。「ハートフル・クリスマス」』キャンペーンをスタートした。

 現在、リアルとWebをつなぐ概念として用いられている「O2O」は、WEBから、オフラインのリアル店舗等への送客や購買行動促進のための施策が主に行われている。しかし、SPARKでは単発的で一方向的なO2Oのキャンペーンを行うのではなく、継続的な顧客育成を目的にしたデジタルとリアルを循環するマーケティングを提示している。

 今回の日本KFCのキャンペーンは、2013年11月18日~12月20日の期間限定で実施し、WEB上でゲーミフィケーションの要素を用いた顧客参加型のもの。顧客が繰り返し参加・来店したくなり、結果としてエンゲージメントを強める循環の仕掛けをつくり出す。今回、ゲーミフィケーションのプラットフォームとして、グランドデザイン&カンパニーとタカラトミーエンタメディアが共同開発したO2Oマーケティングエンジン「デジガチャ」を導入している。加えて、WEB上だけでなく首都圏10店舗のデジタルサイネージと連動し、その場で、デジタルサイネージのQRコードからキャンペーンに参加することもできる。

【関連記事】
オプトら4社、O2O「デジガチャ」共同展開
インテグレート等3社、国内初O2O専門戦略コンサルティング会社「SPARK」設立
ファミリーマート、 Yahoo!で検索するとクーポンがもらえるO2O施策
Pontaポイントがたまる!ゲーミフィケーション型O2Oアプリ「Pontaタイム」リリース
三井住友カード、ビックカメラや大丸東京店等で「スマポ」活用O2Oキャンペーン開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング