SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アメーバ、ママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowdベータ版」スタート

 サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、ママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowd(ママ&クラウド)ベータ版」を、12月19日より開始した。

 「mama&crowd」は、18歳以上の育児中の女性を対象としたクラウドソーシングサービス。仕事をしたいワーカー(ママ)と、仕事を依頼したいクライアント(個人・法人)をマッチングし、オンライン上で仕事の依頼、納品が可能なプラットフォームとして、アンケート回答やWebサイトの記事作成など、専門的な知識がなくても取り組むことができる仕事を提供する。

 この度公開するベータ版では、仕事をしたいワーカー向けに、定常的に月2万件ほどの仕事を提供する。ワーカーは好きな仕事を選んでエントリーし、本サービス上で納品まで行うことができる。2014年2月以降の公開を予定している正式版では、クライアント向け機能を搭載し、月10万件ほどの仕事の提供を目指す。

 事前に募集をしていた会員登録では、11月19日より1か月間で約2万人が登録。この事実からも育児中の女性の仕事に対する関心の高さが伺える。同サービスでは、自宅で育児をしながらインターネット経由で仕事を受託できる仕組みやサービスを提供することで、母親が仕事をする機会を創出し、「ママの新しい働き方」を提供していく。

【関連記事】
Ameba、ママ向けクラウドソーシング「ママ&クラウド」受付開始
サイバーエージェント、ママ向け情報サイト「Ameba mama+」オープン
Amebaが「ママ事業部」を新設、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を展開
ママの約9割「スマホは家事や育児に役立つアイテム」【家事や育児でのスマホ活用調査】
アメーバ、ソーシャルインフルエンサーを活用したキュレーションタイアップ販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング