SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2012年度ペットフード・用品市場は6,920億円、ネット通販チャネル構成比は13.9%に【矢野経済研究所調査】

 矢野経済研究所は、国内のペットビジネスの調査を実施した。本調査におけるペットとは犬や猫を中心にペットショップ等にて販売されるペットが対象。またペット関連総市場とは、ペットフードやペット用品、その他ペット関連産業(生体やペット美容室、ペット医療、ペット保険、ペットホテルなどの各種サービス)を対象とした。

 2012年度のペット関連総市場規模は、前年度比100.7%の1兆4,133億円(小売金額ベース)となり、微増で推移した。2012年度は、引き続きペットフードがキャットカテゴリーの成長で増加し、ペット用品は伸び率が鈍化したものの堅調であった。2013年度も2012年度と同様に推移しており、2013年度の同市場規模を前年度比101.4%の1兆4,233億円と見込む。

 また、2012年度のペットフード及びペット用品市場規模6,920億円(小売金額ベース)のうち、インターネット通販チャネルの占める構成比は13.9%となった。リアル店舗においては取り扱いが難しい大型商品や大袋フードなどの重量が重い商品を始め、頻繁に買う消耗品、取り扱う店舗が少ないニッチな商品などはインターネット通販の利用に適しているとされる。さらに、店頭に足を運ぶことなく、欲しい商品が購入できるというメリットによって高齢者の利用が増えれば、インターネット通販は今後さらに拡大していくと予想される。

【調査概要】
調査期間:2013年10月~2014年2月
調査対象:ペットフードやペット用品のメーカー、卸企業、小売企業、および関連団体等調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、ならびに文献調査併用

【関連記事】
電通とベネッセ、ペット産業創出に向けて「Design with Pet Project」立ち上げ
サイバーエージェント、ペット写真共有SNS「パシャっとmyペット」提供
WOWOW、EC事業の新アイデアをスタートアップから募集
「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」全面リニューアルオープン!
スマホでのネットショッピング利用経験は65%【全国スマホユーザー1,000人定期調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング