MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ツイートがきっかけで「テレビ番組を観たことがある」が約8割――米調査

2014/04/04 10:00

 Twitterに投稿されたテレビ番組関連のツイートを見たことがきっかけで、そのテレビ番組を観るようになったTwitterユーザーが8割近くいる。そのように伝えるTwitterユーザー1万2577人を対象に実施した共同調査の結果を、米Twitter、Fox Broadcasting、Advertising Research Foundation(ARF)の3社が3月21日に明らかにした。

 同調査によるとテレビ番組関連のツイートを見掛けたことで、テレビ番組のハッシュタグをクリック、関連したツイートをリツイート、出演者や関係者をフォローなどの「Twitter上での行動をしたことがある」ユーザーが78%。他にも「テレビ番組の内容を観たことがある」(77%)、「テレビ番組について検索したことがある」(76%)といった行動を取っている。

 「テレビ番組の内容を観たことがある」ユーザーの行動を詳しく分析すると、その後に「後で番組を観ようとしたことがある」(42%)、「放映分をオンラインで観たことがある」(38%)、「テレビ番組を観ようとチャンネルを変えたことがある」(38%)となっている。

 協賛企業について触れたツイートについても、Twitterユーザーの行動を引き起こすようだ。テレビ番組関連のツイートの影響で行動を起こしたことがある人のうち、54%が「協賛企業のことについてツイートしたり、検索したり、商品を試そうかと考えたりしたことがある」と答えた。

 また、放送に合わせて実況ツイートをする人の方が、行動を起こす割合が高かった。「協賛企業のことについてツイートしたり、検索したり、商品を試そうかと考えたりしたことがある」人の割合も、実況ツイートをする視聴者に限ると58%に上った。

【関連記事】
「アベノミクス」から「ポチャノミクス」まで、ツイッターのつぶやき分析からわかった「○○ミクス」の使い方
ツイッターで「LINEするね」、ツイッター話題度ワードランキングで光る「LINE」の強さ
ツイッター上でリターゲティングできる「tailored ads」
テレビ視聴率が1%増加するのに必要なツイート量は? ニールセンが、ツイッターとテレビ視聴率の相関関係を分析
選挙でツイッターやフェイスブック、バナー広告も利用可能に、ネット選挙に向けた自民党の公職選挙法改正案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5