SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イトーヨーカドーでミドリムシ入り食品販売~カゴメなど食品メーカー8社が共同開発

 ユーグレナとイトーヨーカドーが「ミドリムシカラダに委員会」プロジェクトを発足。メーカー8社と共同開発した、ミドリムシ入り食品9点を、4月15日より全国のイトーヨーカドー165店舗で販売開始した。

商品ラインナップ
商品ラインナップ

 ユーグレナ社は、2005年に世界で初めて食品としてのユーグレナ(藻の一種、和名:ミドリムシ)の屋外大量培養に成功。ユーグレナを配合した商品の開発を進めてきた。一方、イトーヨーカドーは、栄養豊富な新素材としてユーグレナに注目。栄養面で優れた付加価値の高い商品を届けることを目標に、「ミドリムシカラダに委員会」プロジェクトを発足するに至った。

 プロジェクト第1弾となる今回は、カゴメ・ロッテ・カルビー・ブルボン・永谷園・岩塚製菓・理研ビタミン・モントワールの8社が賛同。日本初のユーグレナ入り食品9品が商品化され、コーナー展開される。なお、ユーグレナ入りの食品を複数品目で、全国一斉展開する取り組みは今回が初。

【関連記事】
ELLE SHOP、新たに食品の取り扱いを開始、会員の7割がWebで食品購入している
2013年テレビ通販番組の放送回数トップ3は「健康食品」「コスメ」「生活家電」
オイシックス、食品ECに特化した物流サービススタート
ポイントを意識して購入する商品は?トップ3は家電/食品/飲料
ハウス食品、グループ各社の主要サイトに「Adobe Marketing Cloud」導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/17 16:00 https://markezine.jp/article/detail/19735

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング