SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ママのスマホ利用は1日平均2時間! 無料アプリは「10個以下」【NTTドコモ調べ】

 4月15日にサービスインした、NTTドコモが運営するママ向けサイト「mamanista」は、サイト開設記念に、ママのスマートフォン利用実態調査を実施。その結果を発表した。

 スマートフォンの利用開始時期は「2012年」(38.0%)が最多。「2013年以降」(27.0%)と合わせると、スマートフォン歴2年未満のママたちが65.0%を占めた。また、1日の利用時間は「30分以上60分以下」が最多で、ママの1日平均利用時間は約2時間という結果となった。

 アプリのダウンロード数は、無料アプリで「1~10個」が57.6%と過半数を上回り最多。有料アプリは「まったくダウンロードしていない」が74.6%と圧倒的で、有料アプリ利用率は4人に1人にとどまった。利用しているアプリは、レシピアプリが過半数を超えトップ。有料アプリにあまり興味はなくとも、日常生活に役立つアプリやサービスは、賢く活用している傾向があった。また、利用率の低い「クーポン」や「家計簿」アプリについても、今後の利用意欲は高い結果が出ている。

 スマートフォンの利用シーントップは「夫との連絡・情報交換」で、次いで「親との連絡」「料理レシピ検索など家事のお助け情報収集」という順になった。また、「子供に使わせて、遊ばせる」など、子育てに利用しているケースもある。現在は活用率の低い「子どもとのコミュニケーション」についても、7割が今後は役立つと回答。これからは母子のコミュニケーションに、スマートフォンが不可欠になるかもしれない。

 【調査概要】
・実施時期 2014年4月4日(金)~4月9日(水)
・調査手法 インターネット調査
・調査機関 MMD研究所
・調査対象 20~30代の女性で、末子が0歳~12歳の子を持つ、スマートフォンユーザー
・調査地域 全国
・サンプル数 500名

【関連記事】
イオンと日本通信、月額2980円で利用できる「イオンのスマートフォン」を発売
小学校高学年の4割弱がスマートフォンを所有【未成年のモバイル使用実態調査】
スマートフォン所有率、過半数超えに~女性の所有率が男性をわずかに上回る【VRI調査】
スマートフォン広告市場規模、2014年には2,000億円突破か【CyberZ調査】
スマホが12回充電できるペットボトル型バッテリー、クラウドファンディングPJ開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/16 15:30 https://markezine.jp/article/detail/19736

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング