SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

『X-MEN』上映劇場でiBeacon対応のO2Oプロモーションを展開

 AppleのiBeaconテクノロジーに対応した位置連動型コンテンツ配信ソリューション「ACCESS Beacon Framework」が、20世紀フォックス映画の上映作品のプロモーションに採用された。5月30日公開の『X-MEN:フューチャー&パスト』の上映劇場、TOHOシネマズ日本橋、六本木ヒルズで5月14日からスタートする。

 この施策は、TOHOシネマズ提供のアプリ「TOHOシネマズマガジン」に、「ACCESS Beacon Framework」を組み込むことで実現。このフレームワークは、BLE(Bluetooth Low Energy:低消費電力の近距離無線通信技術)搭載のBeaconハードウェア(上図左端のような形態をしている)、スマートフォン向けアプリケーション、クラウド管理システムで構成されている。

 アプリをダウンロードした来場者は、劇場に入場すると、自動的に動画配信、施設誘導、デジタルクーポン、オンラインキャンペーンとの連携など、多彩なサービスを受けられる。

 ACCESSは、今夏ソリューションをAndroidにも対応させ、年内に海外へも展開する。また、FOXは、2014年夏をめどに本プロモーション・プログラムの全国展開を計画している。

【関連記事】
築地銀だこ、ブランドロイヤルティを高めるO2O施策としてスマホアプリを公開
スマポ、加盟ブランドが109に~若年層に人気のアパレルブランド33店舗が一斉導入
来店ポイントアプリ「楽天チェック」提供開始
ロイヤリティ マーケティング、新サービス「Taxi Ponta」を共同開発
ビックカメラで位置情報に応じたおトク情報配信「ジオフェンシング」の実証実験

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/09 14:30 https://markezine.jp/article/detail/19922

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング