SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

LINEで国境・言語の壁を乗り越える!日本のLINEマーケティング成功事例をアジア諸国へ横展開/ユニクロ・ロッテの事例紹介

 世界登録ユーザー4億人を突破し、絶好調なLINE。世界中にLINEユーザーが広がり、それと共にマーケティングプラットフォームとしての企業によるLINE活用も国境を越えて進んでいる。アジア・パシフィック地域におけるLINEマーケティング成功事例を、マーケター向けに共有するセミナー「LINE GLOBAL MARKETING CONFERENCE~LINExASIAxMOBILE~」が4月23日に開催された。

アジア諸国へ広がる企業のLINEマーケティングへの取り組み

 世界登録ユーザーが4億人を突破したLINE。日本では5,000万人超、そして台湾をはじめ、アメリカ・メキシコ・韓国・マレーシアなど10か国で1,000万人以上のユーザーを抱え、世界中にLINEユーザーが広がっている。また先日、同社が開示した情報によると、2014年1~3月期の同社のLINE事業の売上額は146億円(前四半期比19%増、前年同期比223%増)とされており、業績は絶好調だ。

国境を越えて、世界各国に広がるLINEユーザー
LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当 田端信太郎氏

 MarkeZineではこれまで、LINEのプラットフォームを活用した企業のマーケティング事例を紹介してきたが(連載はこちら)、日本での成功事例をもとに、アジア・パシフィック地域における企業のLINEマーケティングへの取り組みが進んでいる

 そして4月23日に、アジア・パシフィック地域におけるLINEマーケティングの成功事例を、マーケター向けに共有するセミナー「LINE GLOBAL MARKETING CONFERENCE~LINExASIAxMOBILE~」が開催された。ゲストとしてニールセン アジアパシフィック・ディレクターのSagar Phadke(サガール・ファドック)氏が登壇。また実際に現地でLINEビジネスを展開しているLINE PLUSの担当者2名からの状況説明、そしてLINEの田端信太郎氏より企業のクロスボーダー施策事例が共有された。

加熱するスマートフォンメッセンジャー市場

LINE株式会社 代表取締役 COO
出澤剛氏

 「楽天のViber買収や、FacebookによるWhatsApp買収発表など、世界全体でスマートフォンメッセンジャーアプリに対して、ユーザーだけでなくビジネス界からの注目が非常に高まっている。

 それと同時に、LINEの海外ユーザーも力強く成長している。先日、LINEの世界ユーザが4億人を突破したことを発表したが、そのうち日本のユーザーは約5,000万人。つまり、3億5,000万人はすでに海外のユーザーということだ。その中でも特に成長が著しいのは、アジア・パシフィック地域だ。

 これらの地域は、日本企業にとっても成長市場であり、このエリアの若い消費者をいかに捕まえるかが日本の経済界の大きなテーマになっている。その課題を解決する手法として、LINEを活用していただいて、ビジネスに貢献できればと思う」(出澤氏)

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
スマホ市場の世界の中心はアジア・パシフィック地域

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケティング専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、雑誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新ビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは2児の母。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/13 08:00 https://markezine.jp/article/detail/19932

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング