SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JR東日本ウォータービジネス、自販機オペレーター約700名を組織化してビッグデータで売上向上を目指す

 JR東日本ウォータービジネスでは、ビッグデータを活かして“エキナカ”のおもてなしを実現するため、エキナカ飲料自販機「アキュア(acure)」を中心とした事業強化を行なっている。会社設立の2006年度比で、2013年度は台数増102.7%に対し売上増は161.4%と、1台あたりの売上を約1.6倍に向上させている。

 これまでも、「アキュア」からの年間2億件にもおよぶ販売情報のビッグデータを活用して、個機ごとの販売分析などで売切れ率を全体平均で0.5%以下の水準にキープ、駅の特性を考慮した需要予測と商品配置などにより売上を大幅に向上させてきた。

 今回、新たに“エキナカ”と自販機に精通した自販機オペレーター約700名を組織化し、「チーム アキュア」を結成。ユニフォームのデザインも一新し、ビッグデータを現場レベルで活用した個機マネジメントを追求してチームとしてのレベル向上に取り組む。

 新たな取り組みとして、現場レベルの仮説・気づきをデータ分析により検証。現場発想で従来なかった知見を発掘する業務改善活動「仮説検証甲子園」を展開し、優秀な成績をおさめたオペレーターにはGOLDユニフォームの着用を認める。また、オペレーターが担当の個機の状況に即したおすすめ商品を提案する「『チームアキュア』おすすめPOP」の取り組みなどを展開。中長期的には3年後110%までの事業成長を目指す。

【関連記事】
6メートルの巨大スプラッシュ自販機が出現? スプライトが仕掛ける爽快なキャンペーン
キリン、Tポイントがたまる自販機
JR東日本がマーケティング機能を持つ自販機プラットフォームを展開
JR東日本、ネットとエキナカ店舗を融合するオムニチャネル施策実施へ
「コカ・コーラ パーク」と「サントリータウン」の強さの秘密とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/05/22 14:15 https://markezine.jp/article/detail/20067

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング