SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Sizmek、データソリューション「Peer 39」で気象ターゲティング属性が利用可能に

 天気は、買物など消費者の予定や行動に影響を与える。現在の気象条件に合わせた広告クリエイティブはオーディエンスターゲティングを強化する。気象データは入札価格の決定、レポーティングや最適化のための戦略立案にも使えるだろう。気象データの有用性に着目した米Sizmekは、データソリューション「Peer 39」で気象属性の提供を開始した。

 「Peer 39」のデータは、RTBにおいて利用可能な入札前のデータセット。利用可能な気象属性には、気温の幅、さまざまな気象現象、現在の天気、インフルエンザの重症度、花粉飛散数などが含まれる。広告主、エージェンシー、トレーディングデスクは、Appnexusのようなプラットフォームでこれらのデータを利用できる。

 ウェブユーザーがどこで広告を見ているかに関わらず、一定の気象条件というものが存在する。天気は非常に局所化しやすく、ジオグラフィ、デモグラフィ、関心・行動・コンテンツベースのデータなど、その他のデータとともに利用できる。また、ロケーションベースのターゲティングの粒度を決める際に、DMA(Designated Market Area)の地域を選択する必要もなくなる。Sizmekはこうしたデータ提供によって、クッキーを使わないターゲティングや分析の実現に取り組むとしている。

【関連記事】
フリークアウトとイーグルアイ、天気情報に基づいたRTB買付機能を共同開発・提供開始へ
定期的に利用しているタブレット端末アプリTOP3は「動画、天気、SNS」
チロルチョコの天気予報スマホアプリ「チロル天気」リリース
Google、「ショッピング キャンペーン」に入札単価シミュレーション機能を追加
ロックオン、ロジック搭載「ヒト型ポートフォリオ」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/06/05 17:00 https://markezine.jp/article/detail/20198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング