MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米Yahoo!、100%ビューアブルインプレッションをベースにしたディスプレイ広告の測定手法「Yahoo! Prime View」を発表

2014/06/26 16:00

 「Yahoo! Prime View」は、Yahoo!のサイト上で展開されるディスプレイ広告キャンペーンを、ビューアビリティ率100%で実行することを可能にする測定手法。これによって、広告主は配信された広告インプレッションではなく、実際にブラウザ上に見える(viewable)状態になった広告インプレッション「vCPM(viewable CPM)」に対して支払うことになる。

 米Media Rating Council(MRC)は今年3月、米広告業界団体IABとともに策定に取り組んできたガイドライン「Viewable Impression Measurement Guidelines」を発表。ビューアブルなインプレッションを測定するためのパラメータについて説明。ガイドラインでは、ビューアブルディスプレイインプレッションと認められるには、最低1秒間、50%のピクセルがブラウザ上に表示されるべきだとしている。

 Yahoo!はMRCが認定した測定手法を採用したソリューションを提供する最大のパブリッシャーとなる。「Yahoo! Prime View」は、ワークフローやレポート、クリエイティブを変更することなしに利用可能。現在、米国のYahoo!上のディスプレイ広告で利用可能だが、今後はグローバルネットワークに拡大するとしている。

【関連記事】
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行、その一方で透明性を懸念する広告主も
Facebook、コンバージョン測定機能とCPM最適化機能をローンチ
Rocket Fuel、人工知能で業界平均より高いブランドリフトを実現するプログラマティックバイイングソリューション「Rocket Fuel Audience Guarantee」
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング
DACとIAB、新たなアドフォーマットの開発で協働

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5