MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂ら、より明確な生活者像を掴むための新型マーケティング・リサーチ「Social+Survey」の提供開始

2014/06/30 13:00

 博報堂、ユナイテッド、ソリッドインテリジェン、フィードフォースの4社は共同で、ウェブ・アンケートとソーシャル・ビッグデータを融合させた新しいマーケティング・リサーチの手法を開発。「Social+Survey(ソーシャル・サーベイ)」としてサービス提供を開始する。

 市場の成熟が進む現在、消費者個人の嗜好が多様化し、性別や世代だけでは容易に切り分けられなくなっている。そのため、従来のウェブ・アンケートでは、プロフィール情報や商品購入状況などを把握できても、リアルな生活者像を描くことは難しくなってきている。一方、ソーシャル・リスニングでは、投稿の蓄積から趣味・嗜好やライフスタイルが分かるが、各投稿者の性・年代や、商品購入頻度を定量的に特定することは困難だ。両者のメリットを得るために開発されたのが「Social+Survey」。

 同サービスは調査対象者をウェブ・アンケートの回答から「購入者/非購入者」「新規/離脱ユーザ」「ヘビー/ライト層」などにセグメント分けし、ソーシャル・リスニング分析を通して、各層のライフスタイルを明らかにできる。回答者向けのコミュニティ作りや質疑応答の進行役を必要とせず、大量のサンプルを対象としながら、安価で簡易な調査が実施可能。さらに、各回答者のアカウントIDを把握できるため、調査後のモニタリングもできる。

【関連記事】
オプト、懸賞金付データ分析コンテストを実施
メタップス、アプリランキング調査・マーケット分析サービス「App Data Bank」事業買収
ロックオン、5媒体のマーケ施策を包括的に分析する「エビスファイブ」リリース
ソーシャルメディア分析ツール「見える化エンジン」Ver.アップ~テキストマイニング機能強化
キャンペーン管理ツール「Aimstar」Ver.アップ~データマイニングとWEB行動分析機能強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5