SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Rubicon Project、サイトをジャックする広告キャンペーンのバイイングも自動化

 テイクオーバー広告は、サイト全体をジャックして広告キャンペーンを展開する手法。インパクト大だが費用もかかるこの広告のバイイングを、Rubicon ProjectとMerkleは、プライベートエクスチェンジテクノロジーを使って自動化した。

 ひとつのサイトのあらゆる在庫を横断して行われる、自動化されたプライベートエクスチェンジバイイングによって、広告主は求めるオーディエンスにリーチするパワフルでより効果的な方法を手にする。

 Rubicon Projectは、CRMエージェンシーのMerkleとともにこのソリューションを展開。Rubicon ProjectのAdvertising Automation Cloudは、Merkleのマーケティングテクノロジーツール群とともに、一部の広告主とパブリッシャーに提供されている。

【関連記事】
Rubicon Project、直接取引を自動化するプラットフォーム「49bc」発表
Rocket Fuel、人工知能で業界平均より高いブランドリフトを実現
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング
アメリカン・エキスプレスは100%、P&Gは70%をプログラマティックバイイングに移行
Google、プレミアム動画広告をプログラマティックに売買できるマーケットプレイス「Google Partner Select」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/01 14:00 https://markezine.jp/article/detail/20397

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング