SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エキサイト、インドネシアにおけるマーケティング支援事業スタート

 エキサイトは、インドネシア共和国で現地財閥のシナルマス・グループと設立した合弁会社「PT Excite Indonesia」において、インドネシアへのニーズ調査、消費動向把握、マーケティングをサポートするための事業を展開する。

 インドネシアは人口約2億5千万人と世界第4位であると同時に、人口の50%が30歳以下と若くて豊富な人口を抱えている。インターネット市場も急速に成長しており、Facebookの登録者数は世界4位の5千万人超とされる。

 一方で、広告市場においてはテレビが総広告費の70%超を占めており、ネット広告市場は全体の5%以下。EC市場も2013年で9億ドルと、日本の10年前とほぼ同程度の市場規模である。スマートフォンの販売台数はUS100ドル以下の端末を中心に堅調に伸び、モバイル通信環境が整いつつあることからも、潜在成長力は高く評価されている。

 同事業では、同合弁会社が運営する「Excite Point」の100万人を超える会員データベースを活用。インドネシアに興味関心がある企業と連携し、「Excite Point」会員と企業をつなぐ活動を支援する。具体的には、販売促進、サンプリング、プロモーションなどのマーケティング領域から、ECなど。

【関連記事】
資生堂、インドネシア企業と合弁契約締結、2014年7月より新会社営業開始へ
エキサイト、インドネシアで現地法人設立~ポイントを核としたデジタルマーケティング事業
ホットリンク、APAC地域での「新浪微博」データ独占販売代理権取得
マイクロアド、「BLADE-APAC-NETWORK」提供開始~APAC全域への広告配信が可能に
セプテーニ、APACにおけるFacebookを中心としたネット広告の販売強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/20473

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング