SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

刺さらなければ広告じゃない! WebマーケッターのためのDirect Marketing講座

顧客からのレスポンスを確実に稼ぐための5つのヒント

今回は、新聞広告におけるクリエイティブ制作の視点を例に、LPOでも活用できる最適な広告クリエイティブを作るための5つのヒントを紹介していきます。

レスポンスを取るということ~其の一

 筆者はここ数年来、Webサイトのプロジェクトばかりに関わってきたためか、思考回路が少々“デジタル系”になってしまっています。

 のっけから訳のわからない話となってしまいましたが、要するに、“デジタル系”とは、何でもスペックで割り切れるような発想をしてしまうということです。極端な例を言えば…ECサイトでは、ユニークユーザーを増やして、商品への導線を確保し、的確な商品情報を与えれば最上の結果が出ると、勘違いしてしまうことなのですね。

 「えっ、それで何か問題になるの?」という声が聞こえてきそうですが、実は考えるべきポイントはここからなのです。

 最近では、SEO(Search Engine Optimization)だけではなく、検索エンジンからランディングページに飛んだ場合の情報の最適化(LPOまたはLCO)を考えるべきケースが多いようですが、これも一見すると上記の考え方と同じに見えます。つまり、以下のようなフローを構築するという考え方です。

検索エンジンなどの情報の最適化
  ▼
特定の情報を与えられるページへリード
  ▼
そのページに到達。最適な情報を伝達    
  ▼
結果(購入や申し込み)

 こういった流れを作ってしまえば、Webマーケターとしては「もう責務を果たした」感で一杯になるでしょう。

 しかし、実際のレスポンスを取る=数字を挙げる作業はここから始まるのです。ちょっとした表現の違いで、大きな差が生まれてしまうかもしれません。それは、例えば、ゴルフのグリーン上のパターのようなもの。300メートルのロングショットも、20センチのショートパットも一打は一打、価値は変わらないのです。それどころか、スコアメイクのためには、一番重要なショットであるとも言えるのではないでしょうか。

 では、そのノウハウ、特にクリエイティブの考え方を次ページから解説していくことにします。ここから何が得られるか…ポイントを整理して進めていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
レスポンスを取るということ~其の二

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
刺さらなければ広告じゃない! WebマーケッターのためのDirect Marketing講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

杉山 実(スギヤマ ミノル)

株式会社 電通ワンダーマン インタラクティブマーケティング部 シニアプロデューサー。Reader‘s Digestを皮切りに外資系代理店、大手出版社で広告制作とダイレクトマーケティング、企画・編集を担当。コンテンツビジネスのJVなどを多数手掛け、マーケティングとデジタル・ソリューションの間を行き来す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/2049

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング