SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「Moneytree」マイレージやTポイント、Pontaなど11社の主要ポイント管理に対応

 マネーツリーは、iPhoneアプリ「Moneytree」のメジャーアップデートを7月17日に行い、新たにポイントカードのポイント管理に対応した。

 現在、日本におけるポイントカードの普及率は全体で約90%、一人あたりの平均所持枚数は女性が6~10枚、男性で4~5枚とされる。その一方で、各ポイント会社の対応が異なるため、アプリで確認ができるものもあれば、Webサイトに確認にいかなければならないものもあり、一般的に管理が難しい状況であった。

 そこで「Moneytree」では、主要11社のポイントサービスに対応し、ポイントの残高を一括で確認できるポイント管理機能を追加した。この新機能は、各社のポイント残高を確認できるだけではなく、事前にポイントの有効期限切れも通知する。

 対応ポイントサービスは、ANAマイレージクラブ、JALマイレージバンク、Tポイント、Ponta、楽天スーパーポイント、WAONポイント、nanacoポイント、マツキヨポイント、ビックポイント、ゴールドポイント、ヤマダポイント。今後も、さらに対応機関を増やしつつ、サービスを拡充していく予定。

【関連記事】
Tポイント、ロッテ免税店4店舗で使用可能に
ポイントを被災地支援プロジェクトに寄付できる「社会貢献型Tカード」発行
クレジットカードの利用シーンは「オンラインショッピング」が断トツ【コイニー調査】
全国の無印良品でリクルートポイントが利用可能に
リクルート、ロイヤリティ マーケティングと資本業務提携~ポイントとIDの共通化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/22 14:30 https://markezine.jp/article/detail/20550

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング