SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、OpenSocial公式ページを公開、SNSでGoogleガジェットをベースにしたアプリを利用可能に

 「OpenSocial」は、あらゆるSNSサイトで利用できるオープンなAPI「OpenSocial API」を提供し、サードパーティのアプリケーションをSNSで利用可能にすることを目標としている。

 OpenSocial APIは、Googleガジェットのアーキテクチャを基盤として開発されている。そのため、OpenSocialアプリケーションの開発は、Googleガジェットを作成し、APIによってSNSサイトとのデータの送受信を可能にする、といったかたちになるようだ。使用する言語は、標準JavaScript、HTML、XMLの3つ。また、OpenSocialアプリケーションではFlashを利用することができる。

公開されたOpenSocialのサイト。いますぐ試してみたい開発者向けに、
Googleは運営しているSNSサイトOrkutの一部を公開する。

 現在、OpenSocial APIを使ったサンプルコードはApache 2.0ライセンスのもとに公開されており、あらゆるOpenSocial文書はクリエイティブ・コモンズのライセンスで公開するという。また、将来的にはユーザーのサイトでOpenSocialを動作させるコンポーネントを、オープンソースとして公開するプランもあるようだ。

OpenSocial

「GoogleとMySpace、2億人の欧米SNS市場へ存在感を示す「OpenSocial」プロジェクト公開」
「ミクシィ、GoogleのSNSプロジェクト「OpenSocial」に正式参加表明」(MarkeZine)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/11/02 20:48 https://markezine.jp/article/detail/2058

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング