MarkeZine(マーケジン)

記事種別

クラウドワークス、地域特化型クラウドファンディング「FAAVO」運営企業と業務提携

2014/08/25 11:30

 クラウドワークスは、地域特化型のクラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」を運営するサーチフィールドと業務提携を行った。

 「FAAVO」は、お気に入りの街の「地域を盛り上げるプロジェクト」を、全国から支援・応援できるWeb参加型クラウドファンディングのプラットフォーム。都道府県単位で共同運営者(エリアオーナー)と共同でクラウドファンディングサイトを運営している。2012年6月に「FAAVO宮崎」でサービスを開始し、2014年8月現在では全国24エリアに展開している。

 2014年7月に、クラウドワークスは地方でのクラウドソーシングの活用支援のプログラムとして、認定アドバイザー制度「クラウドワークス・アンバサダー」を立ち上げた。認定団体と連携し、地域の企業に向けたクラウドソーシング活用のコンサルティングを実施している。今回の提携により、エリアごとに「FAAVO」の共同運営者(エリアオーナー)をクラウドワークス・アンバサダーとして認定し、FAAVOを通じて地域活性プロジェクトに取り組む方々の調達資金を効果的に活かす手段として、クラウドソーシングの活用を提案・サポートする体制を確立した。

【関連記事】
リクルート、クラウドワークスに出資~クラウドソーシング領域の知見獲得へ
ランサーズ、「美人時計」と提携~クラウドソーシング上でモデル起用から撮影まで依頼可能に
ランサーズとローカスが業務提携~クラウドソーシング上での動画カテゴリー強化へ
クラウドソーシングサービス流通金額規模、2018年には1,820億円まで伸長か
クラウドワークス、モノづくり支援プラットフォーム「メイカーズワークス」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5