SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CyberZ、スマホゲームプレイ動画共有サービス「OPENREC」リリース

 CyberZは、スマホゲームに特化したプレイ動画共有サービス「OPENREC」(オープンレック)SDKの提供を開始した。現在、広告主20社50タイトルへの導入が決定しており、年内200タイトルの導入を予定している。

 東アジアにおけるスマホゲーム市場規模は、日本、中国、台湾などの急速な成長を受け、2013年に前年比約2倍の9,168億円へ拡大し、世界全体のスマホゲーム市場規模のうち、東アジアが占める割合は過半数を突破すると想定されている。市場の拡大を受け、国内外における広告主のスマホ広告出稿需要が急速に増加するとともに、より効果的なプロモーション手法の拡充が求められている。このような背景から、当社は動画領域におけるスマートフォン向けサービスの開発に至った。

 「OPENREC」は、スマホゲームに特化したプレイ動画共有サービス。広告主は、「OPENREC」のSDK(iOS/Android対応)をアプリへ導入することで、ユーザーは簡単にゲームプレイ中の画面を録画・編集・ソーシャルメディアへアップロードすることが可能になる。また、同社のスマホ広告ソリューションツール「Force Operation X」を活用することで、「OPENREC」内でプレイ動画を視聴したユーザーのアプリインストール数やLTV、継続率などのアクセス解析をiOS・Android両OSで行うことが可能になる。

【関連記事】
Amazon、ゲームのプレイ動画のTwitchを9億7000万ドルで買収
LINE、gumiと資本業務提携へ~LINEのプラットフォーム力を活用し、ゲームコンテンツで世界を狙う
2013年東アジアスマホゲーム市場規模、前年比約2倍の9,168億円に急拡大【CyberZ調査】
VOYAGE GROUPがSYNC GAMESと合弁会社を設立、ゲームパブリッシング事業開始
4割超がスマホゲームでの課金経験有/毎日スマホゲームで遊ぶ人は4割弱【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/09/11 09:30 https://markezine.jp/article/detail/20883

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング