SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

寿司屋の成功ストーリーが日本昔ばなしに!敵店ファンの心を掴み人気No.1の地位を築いた秘策とは

 ライバルに勝つにはどうすれば良いでしょう?スロバキアのお寿司屋さんはライバル店の改装中に、ある大胆な手を打ちました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2014年
 国名:スロバキア
 企業/ブランド:Sushi Time
 業種:飲食店

悲しきニンジャ

 スロバキアのドナウ川のほとりには「Sushi Time」と「Kung Food」という2つのスシ店があります。この2つのスシ店は互いに競合関係にありましたが、「Sushi Time」は戦略的な取り組みによって、「Kung Food」のファンをも獲得することに成功。この成功ストーリーを日本の昔ばなしになぞらえて紹介する動画が公開されました。

 「Sushi Time」と「Kung Food」は、お互いにほぼ同じようなメニューで、同じ寿司屋として競り合ってきました。

 ある日「Sushi Time」の店主は、「Kung Food」を押しのけて圧倒的な人気を獲得するため、山奥に住むマスターにアドバイスを求め訪ねます。

 マスターは、近く「Kung Food」が改装のためクローズすること、そして「Kung Food」の休業中には“Sushi Sandwitch”という新しい商品を販売するように助言しました。この“Sushi Sandwitch”は、後に「Sushi Time」より販売された新メニューです。

 “Sushi Sandwitch”に関してマスターは、具体的な3つのポイントを伝授しました。一つ目は“Sushi Sandwitch”の形。「Kung Food」のキャラクターの目や口のパーツに似せて作るようアドバイスされます。

 二つ目は、“Sushi Sandwitch”をお客様にお渡しする際に使用するパッケージ。黒い袋に3つ並べられたサンドイッチの絵は、遠目に見ると「Kung Food」のキャラクターの「目」と「口」になります。パッケージ全体が顔のように見え、「Kung Food」の味が恋しい敵店ファンには印象的なデザインです。

 そして三つ目が販売方法。これはずばり敵店である「Kung Food」のファンに向けて、積極的に販売していくというもの。

 もともと同じようなメニューを展開していたのであれば、味に対する嗜好性は同じファンが多いはず。そこに目をつけたマスターのアドバイスを元に、競合する「Kung Food」のファンを囲い込む戦略が始まります。

 同社はこの取り組みに伴って“「Kung Food」ファンのお手伝いをします”や、“「Kung Food」ファンのお気持ちを察します”などのメッセージをWebでも発表。さらには「Kung Food」の割引券も使用できる企画を開始し「Kung Food」のリニューアルオープンを待ちわびる敵店ファンに寄り添う姿勢を見せていきました。

 「Kung Food」のファンを取り込むことに成功した一連のストーリーは、日本と馴染みのある「日本昔ばなし」のようなテイストでまとめられています。この動画自体、成功までのストーリーを改めて発信することで、もう一度話題を掴もうという「Sushi Time」の強かな狙いが感じられます。ぜひ、下記より動画もご覧ください。

動画はこちら

参考サイト

 Ads of the World

先週の紹介キャンペーン

 「動画」と「誌面」から商品購入へ直接誘導!ファッション誌と老舗デパートの新たな試み

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/01 08:00 https://markezine.jp/article/detail/20981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング