SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

cci、10月より広告在庫資産運用サービス「I PM」の本格的な提供を開始

 cciは、媒体社の持つ広告在庫資産の運用サービス「Inventory Portfolio Management(以下、IPM)」の提供を10月より本格的に開始する。

 「IPM」は、同社が行ってきた純広告の販売代行や自社運営しているADJUST、OpenX等のプラットフォームだけではなく、他社が運営するプラットフォーム(アドネットワーク、アドエクスチェンジ、SSP等)にも中立的な立場で、媒体社の持つ広告在庫資産を最適に分配し、広告収益の最大化を目指すサービス。また、収益最大化の1つの手段として、国内でも注目され始めているプライベート・マーケットプレイス(PMP)領域での広告会社と媒体社の仲介もしてゆく。

 なお、同サービスはこれまで、一部の媒体社で試験的に提供されてきた。その際には前年同月と比較し、約180%も収益を向上させる実績を上げている。

【関連記事】
cci、オンラインビデオプロモーション支援サービス「MovieCAMP」をスタート
cci、プレミアム・インストリーム・アドネットワーク「ADJUSTVideo」を10月より提供
cciが組織変更、6つのディビジョンで機動性と意思決定スピード向上を図る
cci、アドエクスチェンジ「OpenX Market」を「DoubleClick Bid Manager」と接続
cci、「Google アナリティクス認定パートナー」を取得

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/07 09:00 https://markezine.jp/article/detail/21034

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング