SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、テクノロジー・ブティック子会社「電通ブルー」設立

 電通デジタル・ホールディングスは、最先端の技術力を活用したデジタル事業の開発・提案を行うテクノロジー・ブティック子会社として「電通ブルー」を設立し、年内をめどに営業を開始する。新社長には吉羽一高氏が就任する。

 スマートフォンやタブレットの普及、さらにはウェアラブル端末やIoT(Internet of Things)の登場など、デジタル環境の変化は続いている。顧客企業が求めるマーケティング・コミュニケーションの立案や生活者に向けたサービス提供においても、より高度なソリューション、より迅速なビジネス開発が求められる。このような背景から、最新の技術力を持ったスタートアップ企業などとの柔軟な連携体制を築き、迅速な企画立案やビジネス開発を実現するために、電通ブルーの設立に至った。

 電通ブルーでは、社外プロフェッショナルが参画できる制度を準備し、積極的に人材採用と人的ネットワークの構築を進めることで、スタートアップ型の開発体制による新規事業の創出を目指す。また、テクノロジー・ブティックと呼ぶに相応しい最先端の開発基盤を整え、グループ各社との協業を図りながら顧客ニーズを先取りしたデジタル事業を展開していく。

【関連記事】
電通、インド最大のOOH専門広告会社「マイルストーン社」の株式51%取得へ
電通、Turnのソリューションを採用~DMP・データ分析などデータドリブンマーケティングを推進
電通、Googleの協力のもとプライベート・マーケットプレイス構築へ
電通、オウンドメディアのコンサルティング事業を展開するトライベック・ストラテジーへ出資
マガジンハウス、電通と70周年記念事業「Oliveプロジェクト」発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/17 11:37 https://markezine.jp/article/detail/21103

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング