SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

転換率167%も! ECサイトのレスポンシブ化によるCVR改善、間接的な複合要因とは?


 モバイル化、マルチスクリーン化時代を攻略する「レスポンシブECサイト」とは? 第6回は、レスポンシブECサイトのCVRについてお届けします。

ECサイトのレシポンシブ化で転換率が上がる理由

 前回はECサイトをレスポンシブ化することによる、自然検索数の増加とその要因について説明しました。今回は、実際にレスポンシブ化を行ったことによるCVR(転換率)への影響について検証してみます。

 今回もレディース雑貨通販「リネアストリア」様にご協力をいただきました。

 CVR(転換率)は、多くの人がレスポンシブ化を検討される際に懸念する点です。代表的なものに以下の2点があります。

  • PCと同じソースコードであるため、モバイル回線ではページが重くなり、結果的に売上が落ちるのではないか
  • PC/タブレット/スマホで同じコンテンツを表示するレスポンシブ化は、デバイスごとの訴求力を損なうため、売上に負の影響を及ぼすのではないか

 レスポンシブ化によりECサイト運営はデバイスごとにページを作る必要がなくなります。そのため運用が楽になるのですが、結果的に売れなくなる(顧客にとっては、買いにくくなる、魅力的なサイトに思えなくなる)ようではECサイトとして使い物になりません。

 では実際に上記のサイトでレスポンシブ化した際のCVR(転換率)の変動はどのようになったのでしょうか。下の表をご覧ください。

クリックすると拡大します

 レスポンシブ化でCVR(転換率)は平均して167%と大きく改善するという結果になりました。こちらのECサイトの場合、レスポンシブ化実施前後でPC/スマホのコンテンツはほとんど変更していないため、訴求性の変動はなく、レスポンシブ化によるCVRの変動もないと言えます。

 ECサイト「リネアストリア」の担当者は、こうコメントしています。

「レスポンシブ化でかなりECサイト運営が楽になったので、LPや各ページデザインなど、これまでなかなか手がかけられなかったことを実施できているので、その効果だと思います」

 レスポンシブ化によって直接CVRが改善されたわけではなく、間接的な複合要因によって改善されたと考えられます。また、これまで対応できていなかったタブレット端末にも対応できるようになり、その結果CVRの向上したことも原因の1つではないでしょうか。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ロックウェーブ 代表取締役 岩波 裕之(イワナミ ヒロユキ)

同志社大学工学部卒業後、トヨタ自動車、セブン-イレブン・ジャパンを経て株式会社ロックウェーブ創業。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/10/29 11:31 https://markezine.jp/article/detail/21161

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング