SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SDKは不要!ロガリズム、スマホ向けゲームアプリのログ解析・分析サービス「BUNSEKI」リリース

 ロガリズムは、スマートフォン向けゲームアプリのユーザーログデータを階層化し、解析データを自動でレポートするクラウド型サービス「BUNSEKI」をリリースした。特別なSDKを必要とせず、同社側で用意するサーバーにアプリのログデータを送ることで自動的に分析を行うので、導入企業側の負担は少ない。また、1万MAUまで無料で導入可能なトライアル版を始め、30万MAUまでを月額1万円で提供する。

 スマートフォンゲームアプリ市場規模は2014年に6,584億円(前年比120.4%)に到達すると予想されている(CyberZとシード・プランニングの共同調査より)。大手ゲームアプリベンダーやゲーム会社は、ユーザー行動データを自社内で解析・分析する人材組織を構築し、アクティブユーザーの向上や課金の行動を分析し、高い収益をあげている。その一方で、中小規模のゲームアプリベンダーの多くは、ログ解析・分析の必要性を実感しているもの、人材不足・コストといった障壁により、十分な体制が構築できないといった課題を抱えてる。

 この度リリースした「BUNSEKI」を活用することで、中小のゲームアプリベンダーは、日々のログ集計・精査・データ加工といった手間を省き、新たに分析システムを構築することなくログ解析を行うことが可能に。分析スタッフの人材不足を解決し、またそこで節約できた労力を運営やプロモーション活かすことで、ゲームアプリの収益拡大を実現する。

【関連記事】
グリー、KDDIとスマホ向けゲームのパブリッシング事業で業務提携へ
グループス、スマートフォンゲーム事業戦略を発表~ネイティブアプリ市場へ本格参入
CyberZ、スマホゲームプレイ動画共有サービス「OPENREC」リリース
2013年東アジアスマホゲーム市場規模、前年比約2倍の9,168億円に急拡大【CyberZ調査】
4割超がスマホゲームでの課金経験有/毎日スマホゲームで遊ぶ人は4割弱【MMD研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/12 12:30 https://markezine.jp/article/detail/21352

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング