SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米赤十字、BitPayを通じてビットコインでの寄付を受付け

 ビットコインによる決済処理サービスを提供しているBitPayは26日、米国の赤十字がビットコインによる寄付の受付を開始したと発表した。寄付はBitPayが開設したウェブページを通して受付け、BitPayは無料で処理を行い、寄付金額は100%赤十字へ届けられる。

BitPayが開設した赤十字への寄付ページ

BitPayが開設した赤十字への寄付ページ

 「ビットコイン」とは、Bitcoin.orgのFAQによると、「新しい決済システムと完全電子通貨を実現するコンセンサス・ネットワーク(consensus network)で、中央機関や仲介人を要しないユーザーによる初の分散的ピア・ツー・ピア決済ネットワーク。ユーザーの観点から見ると、ビットコインはインターネットにおけるお金のようなもの。また、ビットコインは、現在存在するものの中で、最も主要な三式簿記システム(triple entry bookkeeping system)ともいえる」と定義される。

 BitPayは、北米、ヨーロッパ、南米でビットコインによる支払処理サービスを提供。これまでに、Index Ventures、Founders Fund、Sir Richard Bransonなどから3200万ドル以上の資金を集めている。

【関連記事】
ビットバンク、ビットコインが無料でもらえるリワードサービス「ビットコインゲット」開始
ビットコイン取引所「QUOINE」が日本に本格参入、代表は元サイバーエージェントFXの福寄氏
アマゾン、Amazon Androidアプリストアで使える専用通貨「Amazonコイン」の提供開始
アップル、アプリでの仮想通貨による取引を容認
アイスバケツチャレンジ、Facebookで240万件の動画投稿、ALS協会への寄付金は2290万ドルに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/27 18:00 https://markezine.jp/article/detail/21485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング