SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フジテレビ、シンガポール最大のPay TV「StarHub」と提携、ドラマ作品配信を本格始動

 フジテレビは2013年より全世界でドラマ作品のインターネットVOD配信を強化しており、これまでに北米、中南米、欧州、中国、台湾、香港などの配信サービスに向けてコンテンツを供給してきた。今回、東南アジア地域進出の第一歩となるシンガポールでの配信開始が実現した。

 提携するStarHubは、200以上の有料テレビチャンネルを持ち、53万9000世帯をカバーしているシンガポール国内最大のPay TV事業社。配下のStarHub TV Anywhereではインターネット動画配信サービスを提供している。

 今回配信するのは、フジテレビが大ヒットコミックを原作に記念番組として制作した月曜9時枠初の時代劇ドラマである『信長協奏曲』や『ディア・シスター』など、現在、日本でヒット放送中の作品。今年9月から試験的に先行配信を開始した今年の大ヒットドラマ『HERO』に追随する形で、StarHubが新規に設置した「日本ドラマページ」に展開する。

【関連記事】
グノシーとフジテレビ、テレビ番組とスマホコンテンツ連動施策実施へ
BitTorrent、オリジナルのTVドラマを制作し自ら配信
WPPとITV、デジタルプラットフォーム向けドラマ制作会社Indigenous Mediaに出資
Hulu、Netflixに続いてAmazonもドラマ制作に本腰、ディックの小説『高い城の男』をドラマ化
フジテレビx「Yahoo!テレビ」、ドラマ放送開始前にオンライン試写を実施
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/11 15:00 https://markezine.jp/article/detail/21585

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング